5 Starsに魅せられて

今ではスキップ9分

ねぇ、ちょっとおかしなこと言ってもいい?

  A.B.C-Zのニューシングル『JOYしたいキモチ』と、昨年の舞台『ABC座2017』の映像作品がリリースされるし、、

  村上くんの10年続けた一人舞台『If or ...』の映像作品の予約が遂に開始されたし、、、

  これから楽しくて嬉しくてハッピーな日々が続くので、ここでひとつ、今のキモチをこの場に綴ってもいいでしょうか? 

 

 

 

 

 

 

 

 

  バスブロ、本当に悔しいです。 

 

 

 

 

 

 

 

 

  、、、一ヶ月ぐらい前だったかの職場にて、先輩方からヒプノシスマイク』という巷ですごく流行っている “ラップ×2次元” のコンテンツがあるという話を聞きました。

 

  村上信五さんにそっくりな世界のラッパーKINGさんの存在とか、、関ジャムのすっごく興味深かったラップ回とか、、DISCOTHEQUEでのめちゃめちゃカッコよかったいつかさんとか、、これまた面白かったえびちゃんズーでのラップ回とかとか、、、

  そんな諸々の影響で日頃から「ラップをもっと知ってみたい!」という興味はあったので、その時にもちょっと心がひかれた私。

  ただ、全くもって未知の2次元界隈ということもあり、すぐには飛び込めずにおりました。

 

  でも、そんなある日、朝の情報番組で組まれていた『ヒプノシスマイク特集』をたまたま目にし、今までは未知だった世界の片鱗をわずかながらでも覗いてみたことで、またちょっと興味が強くなりまして、、、。

  なんだかんだその後もしばらく潜伏期間を経ていたのですが、、遂に先週、思い立って観てみました公式動画。

 

→  ヒプノシスマイク Division All Stars「ヒプノシスマイク -Division Battle Anthem-」 - YouTube

 

→  ヒプノシスマイク Division All Stars「ヒプノシスマイク -Division Rap Battle-」Music Video - YouTube 

 

 

  なにこれほんかくてきすぎめっちゃかこよいわたしこれすきなやつーーーーー\(^o^)/!!!!!

 

  見事に即入沼。いやだってこれ、ジャニオタ絶対好きなやつじゃん。

 

 

  そーと決まりゃあ持ち前のオタク気質で怒涛のディグディグディグディグだぜーーー!!!

  ってことでまずは公式動画の大盤振る舞いに衝撃を受けながら曲を聴き漁って各ディビジョン(各チームの意。イケブクロ、ヨコハマ、シブヤ、シンジュクの4チーム)の色を探る探る探る探る。これまたどこもめっっっちゃカッコいい...!!!!みんな違ってみんなイイ!!!! 強いて言えば、この時点ではヨコハマのMAD TRIGGER CREWが一番気になったかな〜。

 

  ほいでお次は 「普段アニメは全く見ていないのに大丈夫かな...??」と思っていたドラマトラック、、、で す が !

  「ん?? あぁ〜! なんだあれね、『A.B.C-Z今夜はJ's倶楽部』のラジオドラマじゃ〜ん!知ってる知ってるこの感じ〜!斉藤壮馬きゅん、その節は大変お世話になりましたー!!*1

  、、、ってな感じで独特の設定&世界観も難なくエンジョイ!程なくしんどい...。。  (このドラマトラック、ギュンギュンにオタク向けに作ってるからまじ頭抱えます。ここについては追々機会があれば...)

 

  そんな興味深々、準備万端な状態で遂に!このヒプマイ沼を教えてくれた先輩に各CDをフルで聴かせてもらったのですが、、、公式の動画が「これいいの!?」ってぐらいのボリュームだったので、まぁそこまで真新しい発見は無いんだろうな〜とか思っていたのですが、、、とんでもない!!! その先にはまだまだ広くて深い沼がしっっっかり存在していたし、遂に私はいわゆる “推し” に出会ってしまったのでした。

 

 

ヒプノシスマイク -Buster Bros!!! Generation-


→  CHARACTER|男性声優キャララップバトル『ヒプノシスマイク』オフィシャルサイト

  イケブクロ・ディビジョン代表、Buster Bros!!!の山田二郎くん、キャップの彼です。山田三兄弟の次男坊、17歳、高校生です。

 

                 まいったネ\(^o^)/

 

  今までJr.だって20歳超えてないと応援しづらいと思っていたのに。

 

 

  ちなみに第一印象では、、、

ヒプノシスマイク -BAYSIDE M.T.C- 

→  CHARACTER|男性声優キャララップバトル『ヒプノシスマイク』オフィシャルサイト

  ヨコハマ・ディビジョン代表、MAD TRIGGER CREWの右端の元海軍、毒島メイソン理鶯さんが好きでした。

 

  私、めちゃめちゃステレオタイプなんで前衛的なのよりは安定的なかっこよさに落ち着きます。 だって山田三兄弟、全員目の色が左右で違うから怖いんだもん!!!特に二郎は顔が怖い!!!(第一印象の話です。今ではかわいいかわいい二郎ちゃん♡です)

  

 

  それなのにじゃあなぜ二郎推しになったかというと、、、

  二郎のソロ曲がどストライクすぎました!!!!!

→  ヒプノシスマイク「Buster Bros!!! Generation / イケブクロ・ディビジョン Buster Bros!!!」Trailer - YouTube 

 

  正直、このトレーラーでは上手に繋ぎすぎているからか、そこまで二郎の曲『センセンフコク』の印象が残らなかったんですけど、CDでフルで聴いたらこれがめっっっちゃめちゃ大好物でした。 ザ・ミクスチャーって感じ。もうね、イントロで「!?!?!?」ってなりました。

  いやいやいやいや!!!!!こんな曲だったなんて聞いてない!!!!!スクラッチ最高じゃん.....。からの、エモエモギターのAメロ、ガッシガシドラムのBメロ、ブリッブリベースのサビ、もはや新鮮味さえ感じそうなテッパンギターソロ(とは?)、緩急完璧Cメロ(やだなに二郎くんかっこいい...)、そして爆発する大サビ...、後半〜アウトロも暴れ散らしてく感じ最っっっ高.....!!! 

  そんな曲です。しかもそんな曲にこれまた二郎のギラギラした声とフロウがとんでもなく合ってるんですよ〜〜〜!!! 

  好 き . . . ! ! !

 

  

  、、、ってなってくるともはや二郎中心に世界は回り始めます。二郎の不器用だけど真っ直ぐなとことかもーーーたまらないんですよね!

  許せねーことにはギャンギャンに噛みつくクセに見事カウンター喰らっちゃうし、期待通りちょっとおバカさんで可愛いし、直前にならないとお出かけの準備ができないところには親近感しかないんですよ。

  な の に ! ! !

  はい、もう一度出します。オフィシャルのキャラクターページ。最後までよく読んでください。 

→  CHARACTER|男性声優キャララップバトル『ヒプノシスマイク』オフィシャルサイト

喧嘩に強く、イケブクロ・ディビジョンの顔役 。

  え??? 顔役??? どういうこと!?!? 

  高校生なのに?? 17歳なのに?? 

 

  ちょうかっこよくない???

 

 

  、、、はい。こうして二郎推しおばさんが誕生しました。

 

 

 

 

 

 

  さて、ここまでは前置きです。長かったですね。お疲れ様です。

 

  そして上記で述べたイケブクロ、ヨコハマの他に、、、

 

  人気TOP2を擁する(らしい)シンジュク・ディビジョンの麻天狼

ヒプノシスマイク 麻天狼-音韻臨床-

 

 

  斉藤壮馬きゅんが声を担当するキャラがいるシブヤ・ディビジョンのFling Posse

ヒプノシスマイク Fling Posse -F.P.S.M-

 

 

  がありまして、その各ディビジョンのCDが順次出揃ってからは下記の、

 

 

  『Buster Bros!!! VS MAD TRIGGER CREW』 版と、、、

ヒプノシスマイク Buster Bros!!! VS MAD TRIGGER CREW

 

 

  『Fling Posse VS 麻天狼』版のバトルCDが出まして、、、

ヒプノシスマイク Fling Posse VS 麻天狼

 

  これまた、まさに2つのディビジョンがラップバトルしているトラックと、それぞれのディビジョンのテーマ的トラックと、それぞれがバトル会場に向かうまでのドラマトラック、そしてバトル前夜の様子のドラマトラックが入っていて、聴きごたえ超十分な満足度なんです!

 

 

  そしてですね、バチバチやってこそのラップなのでそのCDの中にバトルカードなるものが入っていまして、それで好きなディビジョンに投票できるというでけえ悶着が開催されていまして、、、おとといの日曜、声優さんたちが揃ったヒプマイの2nd LIVEで遂にその結果発表があったのですが、、、勝者はヨコハマM.T.Cとシンジュク麻天狼だったんです。 

 

 

 

 

 

  泣いた。 

 

  お家でレポ見てたら悔しすぎて泣いた。

 

 

 

  ただ正直なにが悔しいって、「二郎大好き!三兄弟最強!バスブロ最高!」とか沸いてるくせに、実際に私はただの一票も入れていないという事実に対してなんです。全くもってイケブクロの力になっていないということに対して。本っっっ当に情けない。

 

  ここまでベラベラ語ってはいますが、正直まだまだまだまだ彼らの魅力は語り尽くせてはいなくて、、日に日に作品に対する思いが募っていってるクセに、、日に日に中の方たちに対する思いが募っていってるクセに、、結局私は彼らの勝利のためには一歩も動いていなかったんです。

 

  いや、、それで悔しがるとかマジ笑わせんなだよ...。

 

 

  改めて思い知りました。

 

  対価を払わないオタクに用はねぇ。

 

  確かに初めてヒプマイの曲を聞き始めたのは投票締め切りの前日だったけど、、タイミングが遅かったということもあるけど、そんなの関係ない。自分自身の圧倒的敗北にようやく固めたこの決意。

 

  実際ヒプマイのこの先がどうなるのか素人初心者の私には分からないけど、、、

  ジャニーズだけじゃなくてヒプマイにだって私のオタク魂ぶち込めてやんよ!!!

  (※推しが推しなのでクチが悪くなっています) 

 

  ひとまず、Final Battleでは浅沼さんの思いを受け、全力でハマを推す。

  ...でもバスブロもポッセもまだなんかあると信じてる。信じたい...!

 

 

 

  、、、とまぁ、私奴のようなしがないオタク含め、こんなに巷を熱くさせるような完成度の高すぎるラップを披露している声優さんたち、カッコいいのにちゃんと作品の世界観を汲んだ楽曲を生み出すラッパーさんたち、オタクを翻弄しまくる(←褒めてる)企画営業制作さんたち(特に映像が好き!)は本当にすごいと思います!

  そして! 二郎推しとしてもやっぱり声高に言いたいのが、一郎のCV. 木村昴さんについて。元々ヒップホップが大好きということで他の声優さんたちにラップを教えながら、持ち前の明るさでオタクを煽りながら、2次元的にも3次元的にもこのヒプマイというコンテンツを盛り上げ引っ張ってきたという木村昴さんは本っっっ当にかっこいいっす!!!兄ちゃんはマジでNo.1だぜ〜!!!(泣)

 

  、、、うん、ここからっすよね。よろしくお願いします!

 

 

 

  そんな感じが今の心境です。ほんの少しだけどここに吐き出すことができてスッキリしました。駄文長文失礼しました。ご静聴ありがとうございます。

 

  自分でもこの全てがこの一週間の出来事ってことが頭おかしいと思うんですけどね、、、でも、、、「そういうの大好きだ」なんです....。性格だから仕方ない!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  さて!!! そんなこんなで、、、

  それでは今からはA.B.C-Zモード全開で、『JOYしたいキモチ』と『ジャニーズ伝説2017』買いに行ってきます!!!!!☆☆☆☆☆☆ (私って人間はつくづくミーハー...)

 

  言っとくけど、私がヒプマイにハマるきっかけって結構A.B.C-Zが作ってんだかんな!

 

 

 

 

*1:以前、A.B.C-Zのレギュラーラジオ『A.B.C-Z 今夜はJ's倶楽部』に斉藤壮馬くんがゲストで来てくれたことがありました