読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

5 Starsに魅せられて

今ではスキップ9分

塚ちゃんと Bassと ゆうや

A.B.C-Z 関ジャニ∞

  ジャニオタに「平穏」の文字は存在しない。過ぎし3月26日のできごとたち。

 

  SASUKEでの塚ちゃんの勇姿が放送された3月26日。塚ちゃんは本当にかっこよかった。

  私もA.B.C-Zを応援し始めてまだ1年しか経っていないけれど、この1年で数え切れないほどのカッコいいA.B.C-Zを観てきたと同時に、悔しい彼らの姿も目にしてきた。正直な気持ちを告白すると、歌対決でJr.に負けたり、ダンス対決でキッズダンサーに負けることが嫌だった。そういう姿を見るとやっぱりA.B.C-Zはまだまだなのかな、、と心のほんの片隅で思ってもいた。だから反り立つ壁であとちょっと手が届かない塚ちゃんに悔しいながらも「まぁしょうがないか、、」と思ったりもした前回のSASUKE。でも今年の塚ちゃんは男だった。

 

  私が思うジャニーズの定義は、

1. 挑戦する姿を見せる

2. できるようになった姿を見せる

3. パフォーマンスで魅せる

の3ステップだと思っていて、確実に2つめが一番エモくてグッとくる。今回のSASUKEの塚ちゃんはまさにそれだったと思う。途中危なげないところもあったけど気迫で乗り越えた。キレイさでなく、食らいついていった様が最高にカッコよかった。こうして塚ちゃんきっかけでA.B.C-Z全体ももっともっと強くなってくれると期待している勝手な私。

  見事にゴールしての第一声「ありがとう」には塚ちゃんの人となりが集約されていて、二言目の「余裕」には塚ちゃんのアイドルマンシップが集約されていたように思う。カッコつけてくれる塚ちゃんが最高に好きだよ。(でもやっぱりステージ降りてからの照くんや日置さんとのやりとりが一番泣いたぜ...)

   2nd ステージはいろいろあったらしいけど、ハードスケジュールの中仕事を全うしている先輩もいっぱい見てきただろうし、不測の出来事でも乗り超える男でいたいんだろうから言い訳しないんだろうなって思う(ごめん全部推測)。そんな塚ちゃんもカッコいいし、そこを代わりに伝えてくれるファンがいるということが素晴らしい!

  照くんの活躍ももうちょっと見たかったけど、ああいう舞台では着実に一歩一歩に集中することが大切なんだね。絶対クリアできる力を持っている照くんも塚ちゃんも、また次回があれば頑張って欲しい!!!

 

 

 

  、、、ほいでよー、次は3月26日深夜の話よ。関ジャムのベーシスト回よ。やっぱりすごいミュージシャンって頭おかしいね(超褒め言葉)。ちなみに私がKISSのジーン・シモンズを知った時にはもうセレブリティ、ビジネスマンってイメージだったけど元祖派手ベーシストだったのね!

 

  今回関ジャムを観て、KenKenさんは確実に日本のベースヒーローで、ハマくんは最強のベースオタクで、ねぎねぎ師匠こと根岸孝旨さんは一番の実力者と感じました。

  内容はとんでもなく濃ゆくて、結論「大変勉強になりました!」「とっても面白かったです!」に集約されるので語るなんてできませんが、確実に番組でのKenKenさんの派手なパフォーマンスはベースキッズを生み出したと思うし、そんな中でのねぎねぎ師匠の存在は必須だったように思う。 

おいキッズ!!!簡単にKenKenになれると思うなよ!!!KenKenへの道は30分ひたすらクリックに合わせてリズムをキープするトコから始まるんだぞ!!!地味な作業からだぞ!!! まずはベースの根本の役割を理解しような!!!

という現実をさりげなく教えてくれたと思う。ありがたや!(KenKenさんもそういう内容のこと言ってたしね) 

  村上くんが話を振ってようやくねぎねぎ師匠が話してくれる流れが目立ったから観ていてちょっと歯がゆかったけど、それでもやっぱり話してくれる内容は面白かったな。ベースモンスターとベースオタクがいたから取れ高高すぎた?(笑) うん、確かに左手だけでベース弾き出した時に、(尊敬と敬意を込めながら) KenKenきもっっっ!!!って思ったもんな。That's the shit!! 

   

  でもさー、関ジャニ∞ファンとしては前列のまるひなが一番沸くよねー!あの回はまるちゃんの横に村上くんがいてくれてよかった〜!!!まるちゃんの丸山なとこ出てたよねーーー!!!村上くんのまるひな炸裂してたよねーーー!!!ごちそうさまでした♡ 

 

  セッションも好きなジャンルだから楽しかったーーー!!!ああいうのを歌うすばるくんも生で観たい。錦戸亮のギターに沸きたい。大倉くんのやかましいドラムに心臓バクバクしたい。まるちゃんのグルービーなベースにノリたい。不可能かもしんないけど関ジャニ∞もオールスタンディングのライブしてくれ!!!騒ぎたいんだよ。思う存分声あげたいんだよ。リサイタルでウーリッツアー来たときどんだけテンション上がったか知ってます!? いち願望として言うのは自由だと思うのでこっそりオールスタンディング期待しています。

 

  ところで、twitter凛として時雨ピエール中野さんが「ドラム特集もして欲しい」と言ってましたが、、大賛成です!!! ラジオでエッちゃんととっつーが女子に人気があるのはベーシストって言ってたけど、私個人はドラムが好きなんです!!ハイハットの音が好きすぎるんです。CloveRとか最高!

、、、余談だけど、私のドラムヒーローはBlink182Travis Barkerだから∞祭の楽器展示コーナーに大倉くんがオレンジカウンティのドラムセット置いてたの見てめちゃめちゃテンション上がったんすよ!!!(大倉くん的にはあっくんに憧れてのようですが)

ドラム特集、あるでしょー!!!待ってます♡

 ※散々語っていますが私は川田さんと同じく楽器弾けないし音楽素人です。ただ好きなだけのキッズです。“知ったか” ばっかりでごめんなさい。

 

 

  そんないろいろあった3月26日だけど、一番は、、

たかきゆうや27歳おめでとう!!!JUMPに疎くはなったけど、ずっと応援はしてるからー!!! 

  光くんも関ジャムベーシスト回見たかな? 私的に「まるちゃん」「スラップ」と言えば必然で光くんを連想するんだよ。

 

ラジオが好きなんだ

A.B.C-Z

  A.B.C-Zのレギュラーラジオ、『ダイヤルA.B.C☆E』が先日終わってしまいましたね...。もともとナイター枠だったっぽいので最初からシーズンオフのワンクールだけっていうお約束だったのかな? 

  昨年9月から「初めまして」のエッちゃんがメンバーと一対一で繰り広げた約30分、、少しずつ打ち解けていく感じが楽しい時間だったし、A.B.C-Zを知らない方にもメンバーをよく知ってもらえるいい番組だったと思います。 回を増すごとにエッちゃんも素を出してくれて結構バッサリと切り込んでくれたから、A.B.C-Zもありのままでぶつかっている感じが心地よくて。毎回作家のAさん並みに笑って金曜夕方を過ごしていました。

 

  やっぱりラジオって好きだなーって改めて思います。

  一般的に、一番馴染みがあるメディアはテレビかもしれないけれど、テレビには必ず「ある程度の演出」が付き物だから、どうしても「ティーヴィーショウ」になってしまう。もちろんそれはそれの良さがあってザッツエンターテイメントなのですが、、ラジオには「リアル」がある。日頃のちょっとしたことを話しやすい場だし、主観を述べやすい場だから、よりパーソナリティーのことを身近に感じられる。リスナーとのメッセージのやりとりがあって、一方的に受け取るだけでない双方向のコミュニケーションがあるから尚更。そこが好き!

  しかもラジオって結構「自由」ですよね。本番中にガチでマッサージ受ける人がいたり、ご飯食べる人もいたりさ。そういうところがツボなんだよな〜。これだからラジオはやめられない。...思えばオタクになるきっかけはいつでもラジオだった。メンバーのラジオを聴いていると、どんどん興味を引かれて最終的にはオタクになっていた。エイトしかり、JUMPしかり、A.B.C-Zしかり!

 

  『ダイヤルA.B.C☆E』の良かったところは、、メンバーが入替わりだったところ。みんなあんまりグイグイしてこないA.B.C-Zはグループだとバランスとか進行とかいろんなことを気にして話しがちだから、気兼ねなく自分の話をしてもいい場を作ってくれたのがありがたかったと思います。

 でも戸塚さんの序盤は例外だったかなー??(笑) 優しい戸塚くんだから、エッちゃんがどう進めたいのか探っている感じがあった気がする。 メンバー一巡して、五関くんが一緒に番組をやりやすかった人ランキングを聞いた時、エッちゃんが「5位はとっつー」って言った瞬間は大声で笑ってしまった!!「終着点が分からない霧の中を歩いているかのようなトーク」っていう例えも秀逸すぎるでしょ!女心を勉強しようコーナーも面白かったけど、なんだかんだで最後まであんまり噛み合ってない感のエツトツコンビは愛らしかった...!(笑) 

  ふみきゅんとエッちゃんは相性ぴったりでしたねー!弄ることが多い河合くんだけど、実際弄られるの大好きだもんね?バッサリ切ってくれるエッちゃんに河合くんもしゃべりやすそうだった!河合くんが一番エッちゃんに話を振るのがうまかったように思うな。...ちなみに河合くん大丈夫!私もあの日のクイズでラブシーン=ベッドシーンだと思った(笑) 仲間。。 

  塚ちゃん回では一気にまわし役になってくれるエッちゃん!ハイハイ、私が面倒見ますよ感が聴いていてありがたかった〜〜〜!大変おせわになりましたっ!多分塚ちゃんもしっかり進めたかったんだとは思うけど、女性にリードされたい塚ちゃんのホントんとこが出ちゃってたかな??(笑) ちなみに私もガンガン朝お菓子してるし、結婚しているくせに料理苦手だからエッちゃん派ー♡ A.B.C-Zって結局はみんな昭和な男たちだかんなー。

  五関くんにもエッちゃんはズバズバ物を言ってくれたから、これまた弄られて味の出るごっちが活きていたのでは!まぁ五関くんも基本変わらずマイペースでしたけどね(笑) でもやっぱり声優への道コーナーが一番大きかった!と思う!(しかし一回しかやってなかったように記憶しているのですが...) 本職の大師匠にご教授頂けるなんてやっぱり五関晃一は持っている! 

  そして!!!やっぱり橋本回ですよねーーー!!!エッちゃんも絶賛のはっしー!いつも楽しそうにお話しするはっしーは聴いてて癒された...!個人的にはいっちばん最初の橋本くん回もジャニーズに入った頃の話をしてくれて結構印象に残ってるけど、何より “酒処こざくら” は全A.B.C-Zファンが泣いた。悩める良亮に温かくて的確で、真っ直ぐ向き合って言ってくれたアドバイスが本当にありがたかったです...!!A.B.C-Zファンは本当にエッちゃんには頭が上がらない!!! 

  エッちゃんはいつもA.B.C-Zの活動を気にして見てくれていたし、いろんな面でA.B.C-Zにたくさんのことを教えてくれたと思う。本当に本当にありがとうございます!!今ではテレビで流れてくるエッちゃんの声に敏感に反応するようになって毎日楽しいです!特に青いクマのCMキャラクターが好き♡

  そして、熱い想いで『ダイヤルA.B.C☆E』を作ってくれていたプロデューサーNさんの存在は偉大だった...!しかし!プロデューサーさんという偉大な方にも関わらず、A.B.C-Zファンにとっては “えび担仲間☆” とフランクに親近感を抱いてしまうのはNさんのA.B.C-Z愛溢れる呟きゆえ...(笑) ただ、情熱と信念を持って番組を作っていることは十分伝わってくるのでいつも尊敬していました。各世代で懐かしくもあり新鮮でもあり、MC陣のファンもそうでない人も楽しめた番組をありがとうございました!

  たくさんのスタッフさんにも「ありがとうございます」を伝えたい。みなさんが思っている以上にあの金曜の夕方は幸せな時間でした。

  

  この短いレギュラー期間にA.B.C-Zのデビュー5周年や『Reboot!!!』1位を祝えたことが嬉しかった!放送が始まって早々ラジフェスで公開録音をしてくれたことも最高の思い出になっています。アルピーさんとも新しく “TBSラジオ仲間” という絆ができたばかり。都合のいい考えだけど、楽観的な私はまたきっとシーズンオフに会えるよね?なんて期待しています!待っていますので!!! 

本当にありがとうございました☆☆☆☆☆☆

 

この感情が今年もまた

関ジャニ∞

  今年もこの季節がきています。

  花粉の話じゃないよ、『If or ...』の話だよ。 

 

  昨年のアンケートには『この舞台が村上くんにとって「仕事だからやること」ではなく「やりたいこと」のひとつであると嬉しいです』といった趣旨のことを書いた。 

  ここ数年の村上くんの活躍は、ファンとしても諸手を挙げて喜べないほど多忙すぎた。そんな中で、冬のツアーを終え、慌ただしく始まるこの舞台がただ単に「毎年恒例だから」「ファンが期待しているから」だけでやる舞台だったとしたらそれはちょっと寂しいなと思っていたから、少し勝手ではあるけれども、村上くんにとっても『If or ...』が楽しいものであって欲しいと願っていた。*1 

 

 

  初めて観たのは『If or ...V』

  申し込んだチケットは難なく希望通りに取れた。まだまだ今ほどの情熱で村上くんを追ってはいなかったけれども、やっぱり好きだ!!!となったきっかけだった。

 

  事態が一変した『If or ...VI』

  チケットがない。都合をつけては12:00に電話をかけるも全く繋がらない。連日へこみつつもなんとか入ることができた千秋楽前日。思いっきり昭和な設定が村上くんらしくてグッときた。まともな人なら「はて???」となるであろうストーリーをぶつけてきて、見せてくれたことがなんとなく嬉しかった。

 

  最高傑作の『If or ...VII』 

  2014年は色々ありすぎた。数多いレギュラーのお仕事と並行して、関ジャニ∞も10周年で盛りだくさんに活動をしてくれた。村上くんは遂にサッカーのワールドカップのお仕事をいただきブラジルにも行った。とにかく忙しそうだった。そしてアルバムソロ曲がきっかけでちょっとした(ファンにとってはちょっとどころではない)ムーブメントが起きた。 

  でも『If or ...VII』に我々ファンは救われた。確か200回公演のカーテンコールだったと思うけれども、確実に “村上くんファン” へ向けて大切なお話をしてくれた。内容は割愛するものの、そのレポを駅のホームで目にした私は泣いた。周りに人がいなくて本当にありがたかった。

 

  何かを予感させる『If or ...VIII』  

  昨年が傑作すぎてあれ以上は無いのかも...などと思っていたものの、そんなことはありえへんのが村上信五。あんなに忙しいのにどうやってここまで仕上げるの?どうしてこんなにファンが喜ぶことしてくれるの?どうしてこんなに面白い舞台が作れるの?どうしてあなたはそんなにかっこいいの???きっと村上くんは「全部スタッフのおかげ」と言う。自分の本当のファンと街中で会った時の話をしてくれたカーテンコールも嬉しかった。こっちは本気で感動しているのに茶化してくる村上くんがちょっとムカつくけど(笑) 愛おしい。

  歴代キャラが集まってくれた内容になんとなくの予感もあったけれど村上くんは来年を約束してくれた。ただ、千秋楽間近に発表されたレギュラーのお仕事の変化に我々ファンは戸惑った。そこに対する率直な意見を聴かせてくれたのもあの場だった。そして千秋楽翌日にも大きな発表があった。

 

 『If or ...IX』  

  レギュラーのお仕事の変化があったので今年は昨年とは違う気持ちで初日を過ごした。ここ数年は正直心配も大きかったけれども、今年はそれが無かった。今回はどんな姿を見せてくれるのだろう。 

  正直いつも入るまでは、あの夢の世界は夢でしかなくて遠い存在に感じる。でも昨日の夜に流れてきたレポは「いつも通り優しくて温かい時間だよ」と教えてくれた。

  私の初日は明日。村上くんとスタッフの皆様に期待大です!ワクワク♡

   

  テレビは気にしないです。村上くんなりの、あちら側へとこちら側への誠意があると信じて。

 

 

*1:その数日後に発売された『村上信五に恋する鮮やかな日常』で答えはすぐに返ってきた。。お...おん

先日のテレビの超個人的感想

A.B.C-Z

  理解の範疇を超える事でもやれと言われたらまずは必死に食らいついていく年上4人と、納得出来ないことをただ言われた通りにやるのが自分の中で許せない橋本くん、 

今回のえびちゃんズーでのA.B.C-Zはそんな印象だった。

  私も若い頃は世間一般の常識に囚われたくないと尖っていたので納得出来ないことには反発もしていた。もちろん今でも自分の芯は曲げない気持ちは大事にしている。ただ、歳を重ね少しだけ経験も増えた今、物事もいろんな視点から見るようになったし、いろんな立場も理解するようになった。
  言いなりになるわけではなく、まずは言われたことをやりきる。そして、やってみた上で「やっぱり違う」とか「最初は無意味だと思ってたけど得たものがあった」とか、各々意見を言うのが仕事のあり方だと、そういう姿勢もかっこいいなと思うようになった。

 

  先週の予告を見た時点で、嫌だなと思った企画だった。あんなA.B.C-Zを見るのか...と。
  実際見始めて、最初こそいい気分はしなかったものの、私もスパルタ部活経験者として思い出すものも多かった。今の時代にそぐわないやり方かもしれないけど、あれと似た私の過去は実際役に立っている。だからあの方法も否定はできない。そこに心を持ってやっているのならば、そこに思いやりを持って指導しているのならばあの方法だって悪ではないと思う。

  一方で、今は時代が違うから橋本くんの気持ちだってよく分かる。確かにあの方法は古いかもしれないし、見慣れない光景に気持ち悪くなったんだと思う。

  ちょっと前までは世間一般の常識は画一的で「これが正解」とされるものがあったからああいう方法が多かったけど、今は考え方や手法が多様化してきたから、どうしてこれをするのか、何のためにこうするのか、きちんと説明することは大切なんだと思う。私自身も「言わなくても分かるよね」で済ませていたことも少なくなかったけれども、若い子と仕事をする中で「見て学んで」「汲み取って」は説明の手間を惜しんでいるこちら側の怠慢なんだとここ数年で考えを改めた。

  橋本くんは納得できないことをただ言われた通りにやることが自分の中で許せないんだろうなって思う。(まじすばるくんと兄弟かよっ!)
  具体策だってただ単純に分からなかっただけなんじゃないかな。純粋に分からないことをダメだダメだ言われるのも納得出来なかったのではないかと 。(一応講師も最後あたりは例をあげてはいたけど)  ただ、あそこで求められていたものは辻褄が合ってなかろうがなんだろうが考えて考えて何かしら発するということだったのかなとも思ったり。 

 

  そんなこんなで最終的に私個人が思うことは、若い橋本くんには成長はしつつもまだ変に丸くならずに、いい意味でA.B.C-Zの刺激でいて欲しいし、年上4人にはそんな橋本くんや後輩たちをうまく導ける大人になっていって欲しいということ。本人たちが痛感している通り、年代問わず、いろんな子たち、いろんな方達と円滑にコミュニケーションが取れるようになって、みんなでいい仕事、楽しい日々を過ごして欲しい。(私、何目線か知らんけど。。笑)
  ツンツンスカしてた私でも、人とのコミュニケーションや意思疎通こそが一番大切な仕事の根本だと気付いたここ数年、、(遅い...) 今とても悪戦苦闘しております。。

  一緒に頑張ろうぜ、A.B.C-Z!!!!!!

 

1位

A.B.C-Z

 大変遅ればせながら、、A.B.C-Zの5周年1発目シングル『Reboot!!!』、、

オリコン 2/13付 週間 CDシングルランキング 1位おめでとうございます!!!!! 

本当に嬉しい。。本当に良かった。。

 

 

 発売前、個人的にこのCDが売れなければならないと思った一番の理由は “橋本くんのため” でした。

数種類の特典ディスクの中にはあの楽しかったひと夏の想い出『ハシツアーズ 〜もうかわいいなんて言わせない〜』が入っている。りょうちゃんと五関くん、Jr.くんたちやスタッフさんたちが一生懸命に作り上げたあのステージが特典として入っている。しかもあんなにもお手頃な価格で。 

これが売れないなんて絶対嫌だ!!!!! 

密かにそう思っていました。

なので実は『Reboot!!!』を買って一番最初に再生したのは音源でもMVでもなく(←前回ブログで散々語ったものの)良亮ソロコン。

『Stay with me♡』でポップアップしてくるりょうちゃん王子様か(T T)とか思ってたし、『Vanilla』を歌い上げるりょうちゃん美しいと思ったし(私が入った日はちょっとチョケてたけど)、手書きのお手紙はなんかソワソワしたし(「き」とかね)、個人的には『花言葉』シンデレラも嫌いじゃなかったし(人の幸せを遠くで微笑みながら観ているのが好きなので。その分選ばれて困る方だと観ていて寂しいですが...)、シングル、カップリング、アルバムから初披露の曲もいっぱいあってすごく楽しかった...!!!

あれが売れないなんてありえない!!!!!

静かにそう思っていました。我らが橋本良亮のためにもこのCDは売れなければならないと。

 

 

 そしてそんな(勝手な)個人的な使命に加えて、特典映像の豪華さ、お値段の手頃さからも感じるポニキャさんのただならぬ覚悟。。しかしそれはまだまだ序の口で、発売日が近づくにつれ熱が入るA.B.C-ZReboot!!!』のプロモーションはまさに想像以上の本気でした。

渋谷の主要ストリートに流れる『Reboot!!!』とパタパタはためくA.B.C-Zフラッグ、、モニター付きで街を走るアドトラック、、これでもか!!!というほどのCDショップジャックやショッピングバッグコラボ、、そしてポニキャさん本社のディスプレイ、、数々の宣伝のためのメディア露出、、、ありがたや〜!!!!!

 

 、、、しかし、これだけ力を入れてもらったということは実は相当なプレッシャーだな...とも思ったり。ベンおじさん*1や勉さん*2ではないですが、大いなるプロモーションには大いなる結果が共わなければ。。

 

 

 多くの人が述べているのと同様に、今まで私は “1位になるため” に同じCDを何枚も買うことは正直、あまり良くは思っていませんでした。なんだか作品の価値を偽る行為のような気がして。

しかし今回は何の迷いもなく複数枚買いました。この『Reboot!!!』は絶対に1位じゃなきゃダメだと思ったので。

 あそこまでプロモーションに力を入れている以上、この結果次第でA.B.C-Zのこの先が決まってくる...。ここでもう一発ちゃんと “実績” を残さなければ...。そんな大事な勝負所だと(勝手に)感じていたので、今回こそは売れ方どうこうのプライドは必要ない。もっと先の、大きな目標のための必須条件としてここでは1位以外に道は無い。

 そう(勝手に)思っていたからこそ橋本くんのHassy's Styleはすごく奮い立たされたし、河合くんの『沈黙の金曜日』での「1位取りたいんすもん」も本心を聴かせてもらえて嬉しかった。

だからイベントの前説では「みんなも1位取りたいよね」に私も間髪入れず大声で「取りたい!!!」と叫んでいた。

 

あのリリース前後のA.B.C-Z 5周年 &『Reboot!!!』祭りはハラハラドキドキもあったけれども本当に楽しかった。橋本くんが先陣を切ってみんなの士気を上げたあの『Reboot!!!』祭りに私も参加できたことが本当に幸せだったし、そこでみんなで結果を出せたことが本当に嬉しかった。

 オリコン週間1位が発表された2/7の朝に聴く『Reboot!!!』は昨日までとは全く別物でした。この先振り返った時に、ターニングポイントと言えるような曲になるのでは...と(勝手に)思ったりもして。

みなさん、本当に本当におめでとうございます。

 

 

ちなみに、多くのメディア露出の中で個人的に興味深いな、、と思った河合くんの言葉があったのですが、

「デビューはDVDで5周年の一発目がCDなので、音でもA.B.C-Z楽しんでもらえるようになったんだなってちょっと勇気づけられました」

 というもの(『おに魂』にて)。今まで私は「A.B.C-Zには映像がなければ、、」なんて思ったことは無いけれども、確かに本人たちからすればそういう考えもあるのかと、なんだかとても興味深かったです。A.B.C-Z、また新たな強みと自信を手に入れたんだなと。

素晴らしい5周年のスタートが切れて本当に良かった良かった! 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

、、とか思ってたらそこからのスタートダッシュ半端無くないですか????? 

 

 まずデビュー日(&発売日)の午後5時には会報発送やツアーの報告があって歓喜に沸いていたのに、ファースト写真集発売決定や、バレンタインの日にお知らせしてくれるABC座のDVD & Blu-ray発売決定などなど。。。

 

愛されてるわ〜!

A.B.C-Zめちゃめちゃファン大事にしてるわ〜!

 

好き!!!!!

 

 

*1:スパイダーマン』より

*2:『魔法★男子チェリーズ』より

A.B.C-Zの『Reboot!!!』を語る

A.B.C-Z

A.B.C-Zがデビュー5周年記念日に発売したシングル『Reboot!!!』はスルメ曲ということで巷で有名ですよね。私も聴けば聴くほどクセになりこの数日、狂ったようにリピートしています。

 

ラジオで聴いた『Reboot!!!』の第一印象は、、「かっこいい!、、と思ったらなんかレトロなメロディー。。ラップ面白い!、、でもサビは急にポップ。。なんか忙しい曲だな」

という感じ。正直いうと、カッコいい!だけじゃない、ほんのりとしたダサカッコよさ。でもそれがなんだかA.B.C-Zらしくもあると思った出会いでした。

 

 

テレビでの初パフォーマンスはとにかく衝撃。 もともとメンバーも「今回はアクロバットがすごい」と言っていた。

 

観てみたら本当にすごかった...!

 

クロバットボーイズクラブ丸出し。今まで見たことのない大技に度肝を抜かれた。

「河合くんと橋本くんが絡んでなんか回った... あのA.B.C-Zで一番でっかい橋本良亮を4人の兄ちゃんズが支えて回してる... 」

 

思えば私が初期のA.B.C-Zに抱くイメージはサーカスっぽさ。

「この人たち、いったい何やってるの!?なんかよくわかんないけど、、よくわかんないけどでもなんかすごい!!!!!」

そんな思いがこの5周年にまた蘇った。 

 

『Shower Gate』や『Moonlight Walker』の “楽曲のオシャレさ” でA.B.C-Zに引っかかった私としては、この『Reboot!!!』という新曲はどんハマりするほどの第一印象は残してくれなかった。 でもテレビで観たパフォーマンスでグッと期待値を上げられた。

今年のA.B.C-Z、5周年イヤーの彼らは本気だ...! 

 

 

 

そして遂に私がどんハマりする日がやってきた。待ちに待った『Reboot!!!』フラゲ日、買ってきたCDを急いで開封し、いそいそと再生した。

 

 

MVがカッコよすぎる...!!

2番がカッコよすぎる...!!

 

シンプルなセットで赤 × 黒、白 × 黒のモードな世界で歌い踊りアクロバットするA.B.C-Z。とにかくクールでかっこいい。ライティングが近未来。みんなの麗しいお顔が彫刻のようにくっきり美しい。衣装だって白 × 黒が基調の中、丁度いい塩梅で主張してくるメンバーカラーのインナーが秀逸。

 

正直1番はCSでShort ver.のMVが流れていたので録画して観倒していた。ラジオでも基本1番だけ流すので耳馴染みもあった。 

 

衝撃は2番だった...!!!!!

 

最初は橋本・戸塚の掛け合いで始まるところ。バックは変わらないのにライティング演出でワンフレーズワンフレーズ、はっしーととっつーが入れ替わって歌う映像がまーーーかっこいい!!

 

 

 

そして、、、思いがけず登場するこの曲一番の問題点。。五関くんのソロパート。。。 

 

コウイチ・エクスタシー・ブレスはんぱない!!!!! 

 

峰不二子も虜になる吐息。ソロパートのラストに囁くように歌う五関さん。。罪深い。。

実は初見ではこれには気づかなかったのです。Snow Manを支える役のセンパイまじカッケーっす!とか、、いつも通り歌詞通りの動き(七転び八起きを表現)する五関くんかわいいーーー♡ なんて視覚でしか捉えていなかった五関くんパート。。 よくよく聴いてみたらどエライエクスタシー放ってた。。(そういえばそんなパートあるよ的なことラジオで言ってたかも。。) 五関くんって本当にずるい。。

 

そしてそんな(いい意味で)ショッキングなパートの後の塚ちゃんソロはまーーーカワイイ!!!クールなAメロの中で塚ちゃんだけは明るく弾ける歌声!!「ダサくてもいい」って塚ちゃんが歌うとなんか私も勇気とパワーをもらえる!!ありがとう!!! 

なにより最後の「かますー♪」いいよねー!!あの歌声聴くとみんな元気になるよねー!! 

 

最後のソロはフミキュン!!

河合くんのあの歌い方すっっっごいセクシー!!!本っっっ当にカッコいい!!!30分でサクサクレコーディングして大正解!!!

 

2番のAメロでははっしーととっつーの歌割りが1番と逆になっているのもツボなんです!!橋本ver.の裏声っぽい歌声も聴けちゃうよー! 

 

 MVでは5人揃ってセットの後ろから前に歩いてくるのですが、これまた郁人が郁人すぎる!

橋本さん曰く「郁人はカッコつけてる時横に舌をペロッと出す」っていうことなんですケド、、まさにここでやっている(笑) あと動きが全て河合くんぽくて好きなんだなー♡ 

 

五関くんはもうパリコレモデルばりのランウェイ感出てる。うん、さすが。 

 

塚ちゃんは恐ろしいほど前方の戸塚さんにどん被りしてます...(笑) どうした塚ちゃん!!!

 

 

そして!!!

このMVで私が特に好きな2番のBメロ、、

ゼログラビティ感最高!!!

メロディーと映像合いすぎ!!! 

このアイデア出した人素晴らしすぎます!!!

 もはや外で歩きながら『Reboot!!!』聴いてると、この時だけ自分の動きがスローモーションになりそう(笑)

 

そう、『Reboot!!!』ってテンポがいいし歌詞も前向きだから朝 仕事とか行く時に聴くと最高にテンション上がるんですよね!!リズミカルなハイハットっぽい音が足を前へ前へと進めてくれます!

 

サビはジャニーズおなじみ(?)立方体の枠をクルクル回すやつ。みんな揃っててカッコいいよ! Snow Manもみんな一緒になって輩感がたまらないす!!! 

 

間奏のアクロバットはもはや説明不要。テレビでもいっぱいやってくれてるからとにかく見てみて欲しい!!!今現在のA.B.C-Zにできること最大限に出し切ってるから!!! 

 

ほいで大サビの映像がとーーーってもいい!!!何がいいって、ずっとモードな色使いだったセットがパーっとカラフルになってポップが弾けて超ワクワクするんですよ!!!!! 

A.B.C-Zの明るいところキター!!!って感じ♡これは最高に気分盛り上がる!!! 

 

 

最後、、「♪ グッとFlying」でパタパタ羽ばたく小鳥系男子 河合郁人。。

かわいいいいいーーーーー!!!!!

しかも彼、サムズアップも好きですよね。『今日もグッジョブ!!!』ぶりの “グッ!!! ” 頂きました!!!

 

アウトロはA.B.C-ZとSnow Man、11人でのダンスとアクロバット、ビシッと決まってます。 

最後の決めポーズ、みんなかっこいいんだけど、やっぱりテレビでのパフォーマンス含め、五関くんが一番ピシッとしててカッコいいんだよね! 

 

そして一瞬にしてまた白 × 黒のクールなラストカットになってフィニッシュ...。 

 

100点じゃない!?いや、120点じゃない!?いや、、100000点じゃない!?!?(←ゼロを5個並べたいだけ) 

 

そんな感じで、私はこの『Reboot!!!』のミュージックビデオをえらく気に入っているのです!!

 

いい作品だよ、本当に。

 

 

あのですね、、何がいいってね、、

いつもリリースする楽曲を自分たちで選ぶA.B.C-Zなのですが、今回はスタッフさんが選んだものを出すことになったらしいのです。そしていろんな雑誌を読む限りでは、曲を最初に聞いた時、彼ら自身も少なからず違和感を感じたみたいなんです。A.B.C-Zっぽくないなと。

でも、その楽曲に自分たちでいろんなアイディアを出して工夫して、いろんな気持ちもいっぱい込めて、最終的にはこんなにもA.B.C-Zらしい作品に仕上げたというところが私は素晴らしいと思います。

A.B.C-Z、仕事の幅広げたな...!! アッパレー!!!

 

 

ところで私はインスト大好き野郎なので通常盤収録の『Reboot!!! -Inst.- 』も結構聴いたりもして、、それでようやく気づいたのですが、一応EDMと言う割にやたら昭和っぽいのなんでだろう??って思っていたのですが、全体的にブラスが西部警察みあるからなんですねー!(※個人の解釈です)

五関くんのささやきパートを効果的に演出している鍵盤ぽい音も最高だし、アウトロのカッティングぽいギターも好きー!!よく聴けばA'にも入ってるー!! 

 

 

そんなこんなで『Reboot!!!』は本当にクセになる、みんなの情熱と気合いがたくさん込められた素敵な作品だよ!!

 

是非ともたくさんの方に聴いていただきたい。そして気に入ったら買ってみて欲しい。 アニバーサリーシングルだから特典もいーーーーーっぱいついてるよ! 

 

我らがセンター!橋本良亮のソロコンサート映像とか、A.B.C-Zの忘年会の映像とか、ここで散々語った『Reboot!!!』のMV & メイキングが入ったアニバーサリー盤(¥3,240-) 

歴代シングルMV集と、メンバーがMVを解説する鑑賞会の映像が入ったベスト盤(¥2,160-)

カップリングがいっぱい & 私が大好きなインストが入った通常盤(¥1,188-)の3種あります!!

 

ひとつだけ言わせてもらうと、めちゃめちゃおトクです!!!!! 絶対満足できるから!!!買って後悔はさせない内容!!! 

 

A.B.C-Zの『Reboot!!!』は素晴らしい!!!!! 

 

Congrats on your 5-year anniversary 5 stars!

A.B.C-Z デビュー5周年おめでとうございます!!!!! 
昨日、待ちに待った『Reboot!!!』ゲットして、特典映像全部見て、すっごく楽しかったし感想もいーっぱいある。実際Twitterにも散々好き勝手呟いた。 

でもその全てを見終わった時、何より一番強く感じたことは、、
A.B.C-Zとファンとの相思相愛ぶりが本当に熱い!!!!! 

メンバーもスタッフさんもファンも、みんながみんな優しさライセンスゴールドすぎるよ!!! 
デビューの前から今に至るまずーっと、みんながみんな思いやりに溢れていた。それがひしひしと伝わってくる。 

昨夜放送の『Good Time Music』もまさにそう。
私は新規A.B.C-Zファンなので、バックで頑張ってきた時代や結成された瞬間の驚き、デビュー当時の頑張りなどは知らない。
なので昨日番組に出てきたようなA.B.C-Zを好きな理由は自分の中で必ずしも合致しなかった、というか合致し得るはずがない。
過ごしてきた時間が違いすぎるから。

でもその分、なぜA.B.C-Zが好きなのか?と自分が聞かれた時になんと答えるのだろうと考えたら、
私は「A.B.C-Z 5人全員の人柄を魅力的に感じていて、そんな5人が集まったA.B.C-Zに可能性を感じていて、そこに夢と希望を期待しているから」だと思ったんです。
抽象的すぎますが...笑 

塚ちゃん、五関くん、河合くん、橋本くん、戸塚くんの5人って、みんな熱くてプロフェッショナルで、芯があってストイックで、人情に溢れていてたまにポンコツで、すっごくいい人たちじゃないですか。
そんなナイスガイズ5人が集まったA.B.C-Zって絶対胸に響くようなどえらいイイ景色みせてくれるって思うんですよね。
しかも素敵なスタッフさんにサポートしていただいているみたいだし。

うん。

A.B.C-Z世界最強じゃん!!!!! 

世界一!!!!!

優秀だしさ!!!!!

明るい未来しか見えないよ!!!!! 

大喝采浴びましょう!!!!!

ダイスキだよー!!!!!






最後に、、


リョースケ!! 

年寄りを泣かすでない。。

Hassy's Styleありがとう!